通信制高校の学費は意外に安い

一般的な通信制高校の学費


通信制高校の学費についてですが、その学校により異なりますが、年間で約200,000円前後になっています。
その他に学校によりかかるコストがあります。
服装も自由なところや制服のところ、特別授業があるところ、などなど、学校によって異なります。
公立高校でも学校教育費用は20万円程度になっていて、学校外活動費で15万円程度になっています。

私立高校の方が通信制高校より学費は高い

私立の高校では学校教育費で700,000円程度になっていて、学校外活動費用で200,000円程度になっていますので、私立高校に行くより、通信高校に行ったほうがお金はかからなくなっています。
一部の私立高校は1年で100万円以上かかりますので、そう考えると、通信教育で勉強していったほうがお金がかからなく済みます。授業料が無償化になると、もうちょっと変わってきます。

通信制高校の特徴:メリットとデメリット

通信制高校のデメリットはある種の教育の機会が限られるということ。
実技や体育などは通信制高校では評価できないですし、その他の項目も勉強できないものがいくつかあります。
それらの点は通信高校はデメリットになります。
また一部の通信教育は修学旅行などがないので、普通の高校よりは楽しみがなくなることがあります。

メリット、デメリットを見極めて選ぼう

一方で夢を追いかけている方や、なにかやりがいことがある方は、やりたいことをしながら通信教育できちんと高校で勉強をすることを自宅でパソコンやタブレットで勉強することができます。
通信教育は担任の先生と都合のいい日を決めて勉強をすることができるので、普通の学校に行くよりも、担任の先生と仲良くなれますし、勉強以外の相談もすることができます。
学校に行きたくないけど勉強が好きな方や、好きなことを行いながら高校の勉強ができるのはとっても魅力的です。
そのため夢や目標を持った方を中心に、最近は通信で高校の勉強をしている方が増えてきています。
部活動などもありませんがそのぶん自分の将来の夢のためにできることを行ったりできます。