自分らしく高校を卒業したい人のための通信制高校

あなたのための高校が通信制高校


自分にあったやり方で、高校卒業を目指すための学校があります。
それが、通信制高校です。
現在、高校への進学率は、97%を超えるといわれています。
高校といえば、毎日同じ時間に登校し、決められたカリキュラムをこなし、同じ年齢の人達に囲まれて過ごす…というイメージがあります。
ですが、進学を希望する全ての人が、そういった生活を望んでいるわけではないのも事実。
そんな様々な事情を抱えた人のために通信制高校はあります。

高校生活での悩み
  1. 「集団生活には馴染めない」
  2. 「もっと自分のやりたいことを学びたい」
  3. 「高校は卒業したいけど時間がない」

通信制高校の位置づけ

高校の教育課程は主に、全日制、定時制、通信制の3種類に分けられます。
通信制高校は「通信制課程」に分類されますが、通信制課程の課程との一番の大きな違いは、毎日学校に行かなくてもよいという点です。
しかし卒業すれば、ほかの二つと同じく高校卒業資格を取得することができます。

高校における課程の違い
  1. 「全日制課程」毎日6時間程度学校で勉強する
  2. 「定時制課程」夜間などに4時間程度勉強する
  3. 「通信制課程」通信を利用して自宅で勉強する

自由度が高く、様々な活動に時間が使える

毎日学校に行かなくてもいいということは、自分のペースで勉強することができるということですから、各々の事情に合わせた生活を送ることができます。
一部の通信制では、都道府県に制限なく入学できる学校もありますし、秋入学を受け付けている学校もありますから、一般的な高校と比べて学校選択の幅も広がります。これらは通信制ならではのメリットです。
また、美容や芸能、スポーツなど、特定の分野に特科したコースを設けている学校もあり、在学中に国家資格を取得することも可能です。自宅での勉強が基本となりますから、一人で努力し目標を達成するという強い意志と自己管理は必要です。
ですが、自分の目標や事情に合えば、とても魅力的な学校であると言えるでしょう。