通信制高校の基礎知識

学校の種類について


学校にはいろいろな種類があります。
一般的には、社会人になる前に通う人が多いです。
例えば、小学校、中学校、高校、大学、専門学校などが挙げられます。
この他にも、特殊な携帯の学校として、通信制高校があります。

通信制高校とは?

通信制高校とは、学校に通うことができない社会人向けに設置された学校です。
しかし、近年は社会人以外の入学者も多いです。
以下では通信制高校への具体的な入学理由について説明します。

通信制高校に通う理由について

まず1つ目は、通っていた学校に通えなくなったからです。
例えば、いじめや不登校などが挙げられます。
もしくは、先生や校風に馴染めないという人もいます。
次に2つ目は、一度高校を中退した人が再び高校卒業資格を取得するためです。
もう一度高校に入学しなくても、通信制高校に入学すれば、卒業資格を得ることができます。
そうすれば、大学受験をすることも可能です。
よって、大学に行きたいが、高校を卒業していない人が利用するのです。

通信制高校と普通高校の違い

では、一般的な学校との違いについて説明します。
まず、授業は無いか週に数回しかありません。
基本的には、レポート提出や試験のみで卒業資格が与えられます。
よって、勉強は独学になる場合が多いです。
ただし、独学で勉強をすることが難しい人には、勉強をサポートする機関を利用できます。
また、通信制なので、授業を動画で配信している学校もあります。
部活動や課外授業を行う学校もあり、多様化しています。
学費は、20万円~30万円が相場です。
全国に学校があるので、自分のライフスタイルに合わせて学校を選ぶことが可能です。
中には、1万人以上が学んでいる学校もあります。
ゆえに、新しい学校の形として認められつつあります。
そして、働きながらや趣味、自分の時間などを大切にしながら、卒業することができます。